僕は疲れた大学生

疲れた大学生が引きこもっていても生活できるような状態を目指すブログです。

【学び直し】うつ病で休学中の大学生が中学数学を学び直す

f:id:bokuhatsukaret:20211117134630p:plain

どうも、さとし(@bokuhatsukaret)です。

 

突然ですが、算数・数学を学び直すことにしました。この記事ではうつ病で大学を休学中の僕がなぜ算数・数学を学び直そうと思ったのか、学び直しに使う教材について書いていこうと思います。

スポンサーリンク  

 

 

はじめに

僕は数学が出来ないのに経済学部に進学してしまった残念な大学生です。大学の経済学の授業では微分など数学が出てくるの普通のはずですが、僕が通っている大学では割とテキトーというか数学をあまり使わない感じで授業を進める方々が多かったので、それほど苦労したことがありません。しかし、そんなんで良いのかなと日々モヤモヤとしていました。そんなこんなで大学生活を過ごすうちにうつ病になってしまって休学するわけですが、、、

もともと理系に分類される学部に行きたかったのですが、高校を不登校になってしまって勉強できなかった期間が長く、「ここから理科の科目や数3を独学するのきつくて無理じゃね、浪人もしたくないしなぁ」といった感じでなんとなく経済学部に進学してしまったのですが、進学してみたものの心残りがある感じで、やっぱり浪人してでも希望通りの学部に行ったほうがよかったかなと感じていました。だからといって、編入や再受験のために勉強していたというわけでもなかったですが。

学び直しのきっかけ

学び直しのきっかけは単純に休学して時間ができたからです。時間があるというだけなら、ゲームでもマンガでもアニメでもYoutubeでも何でもいいのですが、ただの娯楽をして過ごしていると「僕は何をやっているんだろう」といった気持ちが生じて虚しくなってしまうので、勉強するなら虚しくならないだろうということで算数・数学を学び直すことにしました。

勉強開始の時期

勉強開始の時期は11月からです。

スポンサーリンク  

使う教材

算数の学び直しはこちらの「小学校6年分の算数が教えられるほどよくわかる」シリーズの2冊を使用しました。教えられると言っている通り、分かりやすかったです。

f:id:bokuhatsukaret:20211117143627j:plain

こちらは11月の初めから使用して1週間から2週間程で終わらせました。dL(デシリットル)や小数のかけ算や割り算など久しぶりに遭遇しました。小学校の算数は大丈夫だよという方は中学数学から始めて、分からない算数の範囲に出会ったらその度に調べていくという方法でも全然大丈夫だと思います。

中学数学の勉強には現在進行形でこちらの教材を使用しています。

f:id:bokuhatsukaret:20211121234204j:plain

高橋一雄さんの「語りかける中学数学」です。

ネットでいろいろ調べた結果、こちらの本が評判が良かったので購入してみました。

中学1年~3年の範囲が1冊にまとまった本で約850ページもあり、とても分厚いです。分厚い本だとあまり読む気がしないことも多いですが、語りかけると言っているだけあって文章も柔らかい書き方で書かれているのでスラスラと読むことできます。その反面、理解がはやい人にとってはその語り口調が冗長であったり、ウザかったりして裏目に出てしまうかもしれません。そういう人にとってはもっと教科書的な本のほうが合う気がします。

まだ最初の方の単元なのでそれほど難しくないからかもしれませんが。今のところ分かりやすくて最後まで読み進めることが出来そうです。

 

そして、問題演習にはこちらの「チャート式 中学数学」シリーズを使用しています。

f:id:bokuhatsukaret:20211117143643j:plain

チャート式と言えば、僕も大学受験のときに使用していましたし、大学受験のイメージしかありませんでしたが、そのチャート式が中学数学でも存在すると知ったので勢いで7冊買ってみました。

7冊の内訳は、

  • 写真中央の「チャート式 中学数学」(参考書+問題+解答解説で1~3年で1冊ずつ)
  • 写真左の「チャート式 中学数学 準拠ドリル」(問題集+解答解説で1~3年で1冊ずつ)
  • 写真右の「チャート式 中学数学 総仕上げ」(問題集+解答解説で1冊)

となっています。

「チャート式 中学数学」は大学受験のチャート式と同じように、要点と多くの例題・練習問題と章末問題で構成されていますが、解説が丁寧かつカラーなので非常にわかりやすいです。また、QRコードが付いていて、デジタルコンテンツにアクセスできるようになっていて時代を感じました。自分が中学生の時もあれば欲しかったです(もしかしたらあったかもしれませんが)。「チャート式 中学数学 準拠ドリル」と「チャート式 中学数学 総仕上げ」は、いわゆる問題集のような感じで、本体の丁寧な解説とカラー具合を見た後だと、こっちは割と普通だなという感じです。

おわりに

ここまで中学数学を学び直そうと思った経緯と使用する教材を書いてきましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

まだ中学数学を勉強し始めたばかりですが、今後の目標のようなことも書いておこうと思います。

中学数学を終えたら高校数学(1A2Bだけでなくできたら3Cも)にも入っていきたいと思いますし、数学検定にも挑戦したいと思っています。

それでは、勉強頑張ります!

スポンサーリンク