僕は疲れた大学生

疲れた大学生が引きこもっていても生活できるような状態を目指すブログです。

【体験談】SoftBank Air(ソフトバンクエアー)を実際に契約してみた

f:id:bokuhatsukaret:20211126230408j:image

どうも、さとし(@bokuhatukaret)です。

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)を実際に契約してみたのでそのことについて記事にしたいと思います。※この記事は2021年8月上旬に執筆したものです。

スポンサーリンク  

 

 

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)とは

ソフトバンクが提供するホームルーターの名称です。機器を手元に用意して、コンセントにつなぎ、スマホ・PCなどでパスワードを入力すればすぐに利用できます。もちろん工事をする必要もありません。

契約した理由

僕はもともと別の会社のサービスを契約していたのですが、うつ病で休学することになったので、大学に4年以上在籍することになり、その会社の学割が切れてしまいました。そのタイミングでSoftBank Airを知ったのがきっかけでした。学割が切れた後の月額より安かったので、申し込んでみることにしました。

料金は?

  2年自動更新プラン 契約期間無しプラン
基本料金 税抜4,880円(税込み5,368円)/月 税抜5,980円(税込6,578円)/月

本体購入orレンタル代金

税込み59,400円(購入) 税抜490円(税込539円)/月(レンタル)
36ヶ月割引 1,650円/月 36ヶ月割引は2年自動更新プランのみ

料金プランは2種類あり、本体を購入しそれに対して36ヶ月割引を適用することで、実質月4,880円(税込5,368円)の支払いで済む2年自動更新プランと、基本料金とレンタル代を毎月払っていく契約期間無しプランがあります。

レンタルにする意味がなかったので僕は2年プランの方で契約しました。

SoftBank Airが届く

申し込みから1週間たたないうちに届きました。f:id:bokuhatsukaret:20211126235717j:image

箱の外観はシンプルですね、お父さんの頭の上にSoftBank Airが載っています。

中身を取り出してみるとこんな感じです。

f:id:bokuhatsukaret:20210812112104j:image

内容物は

  • SoftBank Air本体
  • LANケーブル(有線で使う場合のみ使用)
  • コンセントと本体をつなぐコード
  • 薄い説明書×2
  • Wi-Fi設定情報ラベル(パスワード等が書いてあるので映していない)

の6点でした。

本体の大きさはたて約10cm×よこ約10cm×高さ約22cmです。

f:id:bokuhatsukaret:20211126234328j:image

ネスカフェの900mlのボトルコーヒーよりは小さいですが、600mlの健康ミネラル麦茶と同じくらいか少し大きいくらいの大きさです。

f:id:bokuhatsukaret:20211126234334j:image

上から見るとこんな感じでペットボトルが収まるくらいの幅はあります。

コンセントを差し、初期設定を終えて机の上に置いてみましたが思っていたよりも大きい感じがします。初期設定は上記のWi-Fi設定情報ラベルに書いてあるQRコードを読み込めば簡単にできました。もちろんSSIDとパスワードを入力することもできます。

スポンサーリンク  

1週間使ってみた感想

1週間使ってみたのでその感想です。

今のところは申し込んでよかったと思ってます。

僕の主な用途としてはyoutubeやABEMA、アマプラの視聴、インターネット検索などの比較的ライトなものですが、トラブルなく使えています。

おわりに

最後まで読んでいただきありがとうございました。

数ヶ月間使ってみてまた感想を書こうと思います。

興味ある方はぜひ申し込んでみてください。